2018年05月11日

<今月の新着図書 2018年5月>

<今月の新着図書 2018年5月>
 赤ちゃんから楽しめる本
*  うるし― 
 見習い手品師のうるしーは、帽子からうるうるしーと言いながら色々な物を
取り出します。 

* ママだいすき
  豚、鳥、ネコ、カバなど、いろいろな生き物の親子が登場します。鮮やかな
色彩で描かれています。
  
幼稚園児から楽しめる本
*  おかあさんだいすき
・ おかあさんのたんじょう日  
 ダニーという男の子は、お母さんの誕生日のお祝いに何をあげたら良いか、
めんどり、だちょう等に聞いていきます。め牛は、クマに聞く事を提案します。
クマが教えてくれたプレゼントとは、何でしょう。

・ おかあさんのあんでくれたぼうし
 スウェーデンのお話です。アンデルスという男の子は、お母さんの編んでくれた
帽子が大変お気に入りです。相手が王様だろうが誰とも交換を断りました。
posted by 院長 at 15:13| 院長からのメッセージ

2018年04月04日

<今月の新着図書 2018年4月>

<今月の新着図書 2018年4月> 
 入園、入学のシーズンになりました。桜の花もこの陽気で満開になりました。
新入生は、幼稚園、小学校に行くのが待ちきれないのではないでしょうか。

幼児から楽しめる本
 *おはなみくまちゃん
 アメリカの作家、シャーリー・パレントーのくまちゃんシリーズの一冊です。
桜の花が満開になり、くまちゃんたちは、お花見に行きました。お弁当を
たべようとしたその時、風が吹いてきて、お弁当がとばされました。
さあ、くまちゃんたちは、どうしたでしょう。


小学生から楽しめる本
*おめでとうのさくらまんじゅう
 小学校の片隅に植わっている一本のさくらにまつわるお話です。小学校の前で
和菓子屋を営むしょうきちじいさんが、小学生の時に植えたさくらが今も一本だけ、
美しい花をさかせます。
 このはなびらを使って新入生におまんじゅうをプレゼントするのです。
どうしてするようになったのでしょうか。

posted by 院長 at 08:25| 新着図書

2018年03月29日

<今月の新着図書 2018年3月>

今月の新着図書 2018年3月 

赤ちゃんから楽しめる本
 *スプーンちゃん
 ほのぼのとした絵が素敵な絵本です。スプーンの先が顔になっていて、
その表情を追ってみるのも楽しいでしょう。

幼児から楽しめる本
*どこにいるかわかるかな?
 色々な動物・昆虫の中から違う物を1つだけ探し出す本です。絵が魅力的で、
ついつい引き込まれてしまいます。

posted by 院長 at 11:25| 新着図書

2018年02月25日

<今月の新着図書>

<今月の新着図書 2017年12月> 
 今月は当院の絵本からクリスマスにちなんだ本を集めて展示しました。
 
幼稚園から楽しめる本
* ちいさなもみのき
 森の中に小さなもみの木がありました。ある冬の日、男の人はそのもみの木を
自宅に持ち帰りました。足の悪い息子のためにクリスマスツリーを作りました。
暖かくなるともみの木を森に戻しました。ある年の冬、もみの木を誰も取りに
来ませんでした。さて、もみの木はどうなるのでしょう?

*  サンタさんからきたてがみ
 森のねずみのゆうびんやさんは、クリスマスの前の日に、はりきってゆうびんを
届けようとして、ころんでしまいました。手紙が外に飛び出して、1通の手紙の
あて先が読めなくなりました。この手紙は誰に届いた物だったのでしょう。
森の仲間と考えます。皆さんも一緒に考えてみてください。
 
<今月の新着図書 2018年1月> 
 明けましておめでとうございます。本年も、親子で楽しめる本を色々と紹介して
いきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

幼稚園から楽しめる本
* ぐりとぐらの1ねんか 
 1月から12月まで毎月の様子を美しいイラストと共に紹介しています。自分
だったらそれぞれの月に何をするか考えてみるのも楽しいでしょう。

*  まいごのアンガス
スコッチテリア犬を主人公にしたアンガスシリーズの1冊です。住んでいる家、庭、
ねこに飽きたアンガスは、家の外に出ました。そこには、自分の知らない世界が
広がっていました。見て歩くうちに夜になり、迷子になって一晩野宿をしました。
アンガスは、無事に家に帰る事ができるのでしょうか。

<今月の新着図書 2018年2月>
幼稚園から楽しめる本

* だるまちゃんとはやたちゃん 
 今年92歳になる加古里子の「だるまちゃんの絵本」シリーズの新作です。
今回の相手役は、平安時代にぬえという怪鳥を射落としたとされる源頼政の
従者猪早太(いのはやた)の子孫をモデルにしているそうです。
 また、東日本大震災と福島原発事故の被災者への鎮魂と慰霊を目的に
描かれたとの事です。 

小学生から楽しめる本
*  1日10分でちずをおぼえる絵本
 日本の47都道府県を楽しく覚えるために描かれた本です。地名や場所が
なかなか覚えられないお子さんは、試してみてください。

*  手ぶくろを買いに 
 初めての雪の中、手が牡丹色になった子狐に母狐は、毛糸の手袋を町に行って
買おうと思いますが、途中で子狐だけで町へ行かせます。手袋を無事買う事は、
できるでしょうか。
posted by 院長 at 22:51| 新着図書

2017年11月17日

今月の新着図書

<今月の新着図書 2017年11月>

幼児から楽しめる本
* ごはん
 ごはんは色々な食べ方があります。炊き込みごはんやおむすび、
お茶漬け、おすし、おかゆ、また外国のごはん類。
それらを美味しそうなイラストで紹介しています。
思わず、お腹がなってしまいそうです。

* おおきなクマさんとちいさなヤマネくん 森いちばんのおともだち
 小さな物が好きなクマさんと大きな物が好きなヤマネくんは、
森で出会った時すぐお友達になりました。
二人は、森のケーキ屋さんでもらった植物の苗を育てます。
クマさんの苗は、大きく育って実を沢山つけました。ヤマネくんの苗は、
枯れてしまいました。でも、土の中に沢山の実をつけていました。
この二つの実を使ってお菓子を作り、森の仲間を呼んでパーティーをしました。
この苗は、どんな植物だったのでしょう。
posted by 院長 at 07:59| 新着図書

2017年10月22日

<今月の新着図書>

今月の新着図書 2017年10月 
幼児から楽しめる本
* さつまのおいも
 さつまいもが、ユーモラスに描かれています。人間との
綱引きには負けますが、最後は、さつまいもが勝ちます。
どのようにして勝ったのでしょう。

子供から大人まで楽しめる本
* おもちゃの迷路  夜中にめざめるふしぎな世界
 大変人気のある迷路シリーズの最新刊です。今回はおもちゃの
世界を取り上げています。つみき、パズル、ブロック、
カード等の世界で冒険を楽しんでください。
 
posted by 院長 at 20:57| 新着図書

2017年09月10日

<今月の新着図書>

<今月の新着図書 2017年8月> 
幼児から楽しめる本
* すいか
赤、緑、黒、青の原色を使った挿絵は、鮮やかで思わずすいかを食べたくなります。
各文章の頭文字が、す、い、かで始まるように書かれ、遊び心を感じさせます。

自然科学の本
* 海のぷかぷか
海の中で浮かぶ珍しい生き物たちを集めています。
オールカラーの写真は、大変美しいです。

<今月の新着図書 2017年9月> 
赤ちゃんから楽しめる本
* もいもい
 東京大学あかちゃんラボ絵本プロジェクトが手掛ける絵本です。さまざまな実験を
行っている中で、一番あかちゃんを引き付けたイラストを絵本にしています。

幼稚園児から楽しめる本
* はしれディーゼルきかんしゃデーデ
 2011年3月に起こった東日本大震災の時、実際にあった出来事を絵本にしています。
新潟から福島県の郡山をつなぐ磐越西線をディーゼル機関車が2台連結して
10両の燃料タンクを引っ張って走りました。
 
posted by 院長 at 16:59| 新着図書

2017年07月12日

<今月の新着図書>

<今月の新着図書 2017年7月> 
赤ちゃんから楽しめる本
* いっさいはん
 今、ツイッターで話題を呼んでいる本です。1歳半位の子供達の行動が
良く分かります。共感する場面に思わず微笑んでしまいます。

幼稚園児から楽しめる本
*  にじ
 にじは、どんな時に出来るのか、どんな場所に出るの
そんなにじに対して皆が持つ素朴な疑問に答えてくれる絵本です。
posted by 院長 at 14:47| 新着図書

2017年06月08日

<今月の新着図書 6月>

<今月の新着図書 2017年6月>
赤ちゃんから楽しめる本
* ひよこさん 
 ひよこが1羽お散歩に出かけますが、辺りが暗くなり、歩けなくなり、
野宿をする事にします。そこへ誰かがやって来ます。大変ほのぼのとしたお話です。
 
小学生から楽しめる本
*  走れ!! 機関車 
 アメリカで一番権威のある絵本賞コルデコット賞を、 2014年に受賞した作品です。
アメリカの東海岸から西海岸を結ぶ大陸横断鉄道が開通したのは、1869年です。
これにより東海岸から西海岸迄、約1週間で着けるようになりました。当時の鉄道の様子を
紹介しています。また、蒸気機関車の仕組みが良く分かるイラストも載っています。
posted by 院長 at 08:18| 新着図書

2017年05月18日

<今月の新着図書 5月>

<今月の新着図書 2017年5月>
 幼児から楽しめる本
* クレヨンしりとり  
 クレヨンの温かみのある絵が、見る人を優しく包んでくれます。
お絵かきと言葉遊びは、幼児期に脳を活性化させ感受性を育てると
いわれています。親子で楽しんでください。
 
小学生から楽しめる本
* 1ねんせいのせいかつえじてん 
 小学校一年生になって覚える生活習慣やマナー、ルール等を、
イラストを交えて紹介しています。これから一年生になる子供たち、
一年生になった子供たちどちらの皆さんにも読んでいただける絵本です。
posted by 院長 at 11:35| 新着図書