2016年12月18日

今月の新着図書

** 今月の新着図書 2016年10月
<幼児から楽しめる本>
*  親子あそびの絵本
 親子で楽しめる手遊び、歌遊びや言葉遊び、体遊びなど、30種類がのっています。
懐かしい遊びからこんな遊びもあるのかと思う物までバラエティーにとんでいます。
是非、親子で遊んでみて下さい。
 
*  かぞえておぼえる かずのえほん 
 「バムとケロ」シリーズでお馴染みの島田ゆかさんの絵本です。子ども達の興味を
引くように、身の回りにある物を使っています。

*  でんしゃがはしる
 この本は、「山本忠敬生誕100年」を記念し、「特別復刻版」として刊行されました。
電車の絵は、1970年代刊行された当時のままなので、懐かしい方も多い事と思います。

** 今月の新着図書 2016年11月 
<あかちゃんから楽しめる本>
* さわさわもみじ
 今まで緑の葉を生い茂らせていたもみじも秋になり、赤や黄色や茶色と色々に変化し、
風に吹かれて 遠くに飛ばされ、落ちていきます。その様子を詩っています。

<幼児から楽しめる本>
* どんぐりむらのだいくさん
 どんぐりむらには、腕の良い大工さんがいます。彼は、どんな物でも作り、村人から
頼りにされています。ある時、森の中で大きな立派な双子の木を見つけました。
大工さんは、この木である物を作る事を思いつきます。さあ、何ができるでしょう。

<自然科学の本>
*  ウソのような現実の大図鑑 
世界には、想像をはるかに超える自然が作り出した物があります。オールカラーで
紹介しています。
   
** 今月の新着図書 2016年12月 
 今月は、クリスマスにちなんだ絵本を紹介します。
<幼稚園児から楽しめる本>
* クリスマスのちいさなおはなし ゆきうさぎのおくりもの
 ゆきうさぎのピートくんには、ネズミさん、こぎつねさん、こぐまさんという
仲良しのお友達がいます。クリスマスの前日、一緒に遊んでいるとみんな寒くて
帰ってしまいました。ピート君は、寂しくなりましたが、そこで見つけた
ボタンから何かを思いつきます。クリスマスの日、ピート君は、お友達に
何をするでしょう。 

*  ゆきだるまのクリスマス  
クリスマスイブの夜人々が寝静まっている頃、町の広場にゆきだるま達が
色々な所から集まってきます。パーティーの始まりです。歌ったり、踊ったり、
ゆきだるまのサンタさんも参加します。私達も覗いてみたくなりますね。
   
   
   
posted by 院長 at 12:10| 新着図書