2011年02月20日

2月の新着図書

<今月の新着図書 2月> 
あかちゃんに読んであげたい絵本
* いただきまあす
 まだ、フォークやスプーンを上手に持てない頃の赤ちゃんが、食事をしようとしたら、
こんな風になるでしょうね。 
*  あかいきしゃ
 韓国の絵本です。ハングルでも書かれています。ハングル表も載っているので、
韓国語に興味のある方は、是非一読ください。

幼稚園児から楽しめる本 
*  あっ!ゆきだ
 雪が動物や植物とどのように係わっているのか、また私達と
どのように係わっているのかについて書かれています。
posted by 院長 at 18:03| 新着図書

2011年01月15日

11月の新着図書

<今月の新着図書 2010年11月>
幼児から読んであげたい絵本
* せんろはつづく 
 色彩豊かな挿絵が、素敵です。子ども達が、線路を長く長くつなげていく様子が、
いきいきと描かれています。
* でんきがまちゃんとおなべちゃん   
 仲良しのでんきがまちゃんとおなべちゃんは、出来立ての朝ごはんとみそ汁を持って
散歩に出かけます。そこで色々の動物に、ごはんとみそ汁をあげますが、くまさんが現れて大変。
孫たちの声を聞いておかまばあちゃんとてつなべじいちゃんは、どんな行動に出たでしょう。

自然科学の本
*モグラの生活  
 モグラの生態について、分かり易く解説しています。 
都会では、なかなかモグラを見る機会は、難しくなってきました。                             
posted by 院長 at 16:01| 新着図書

12月の新着図書

<今月の新着図書 2010年12月>                          
 今年も早いもので、残す所一か月となりました。今月は、冬にちなんだ絵本を紹介します。
幼稚園児から読んであげたい本
* クリスマスツリーの12カ月
 クリスマスツリー農園で、育てられているクリスマスツリーの周りには、
たくさんの生き物達が集まって来ます。どんな生き物達が集まってくるのでしょうか?
共存をテーマに、分かり易く解説しています。

* ゆき        
 幼い頃雪が降り積もっていくと、どんなに胸がわくわくしたか、その頃の記憶が懐かしく思い出される絵本です。
posted by 院長 at 15:31| 新着図書

1月の新着図書

<今月の新着図書 2011年1月>              
 明けましておめでとうございます。本年も、色々な本を紹介していきたいと思いますので、
宜しくお願い致します。

幼児から読んであげたい本 
* 十二支のしりとりえほん
 お正月にちなんで、選んでみました。ねずみから始まり、ねずみで終わるように組まれています。この他にも自分達で、色々な言葉をつないで、十二支のしりとりを考えるのも、楽しいでしょう。 

*すすめ!皇帝ペンギン
 フランス人作家の作品です。皇帝ペンギンのイラストがほのぼのと親しみ易く、楽しい一冊です。

*かぜひいちゃった日
 若手韓国人作家の作品です。ハングル表記も付いています。お母さんに新しいダウンを買ってもらった女の子が、その夜見た夢は、どんな夢だったのでしょう。

posted by 院長 at 15:22| 新着図書

2010年10月31日

10月の新着図書

<今月の新着図書 2010年10月> 
今月は、「童話館」より贈られた本を紹介します。「童話館」では、当院に設置している「童話館ぶっくくらぶ」の申込書に入会されますと、当院にも絵本を贈ってくれるシステムです。

幼稚園児から読んであげたい本
* はなのあなのはなし
 鼻の穴を通して、人間の鼻、動物の鼻、鼻の構造等について分かり易く解説しています。 
 
*あなたって ほんとに しあわせね
女の子に初めての弟が生まれます。弟との生活を通じて
 女の子の成長が描かれています。

*メアリー・アリスいまなんじ?
 電話サービス会社で時刻を知らせる仕事をしているアヒルのメアリーが、風邪で会社を休む事になります。社長は、メアリーの代わりを探すのですが、代役は見つかったのでしょうか?
posted by 院長 at 14:53| 新着図書

2010年09月11日

8月、9月の新着図書

<今月の新着図書 2010年8月> 
幼児から読んであげたい本
* うごきのことば えじてん
 先月紹介した「なまえのことば えじてん」の続編です。幼児期に使われる「うごきやようすのことば」を中心に集めています。2コマの絵でうごきの意味が、分かるように描かれています。
*  かえるとカレーライス
子供に人気のある長 新太の作品です。かえるの住んでいる池の近くにある山が突然噴火してカレーを吹き出します。そのカレーをかえるがおなかいっぱい食べました。

自然科学の本 
* 兜虫
先月紹介した「いきものアート」シリーズの一冊です。昆虫の王様兜虫をいきいきと撮影しています。昆虫が、こんなに美しかったのかと再発見させてくれる一冊です。

<今月の新着図書 2010年9月> 
子供から大人まで楽しめる本
* 昆虫の迷路 秘密の穴をとおって虫の世界へ
 大変人気のある迷路シリーズの一冊です。今回は、昆虫の世界です。どんな冒険が、待ち構えているのか楽しみですね。
 
赤ちゃんに読んであげたい本
* かん かん かん
 身近な物を使って、線路や汽車、動物、人を作っています。アイデアいっぱいの絵本です。

posted by 院長 at 15:39| 新着図書

2010年07月04日

6月、7月の新着図書

<今月の新着図書 2010年6月> 
 幼稚園児から読んであげたい本
 *うちゅうひこうしになりたいな
  単純な線と原色で描かれた絵は、インパクトがあります。
 子供達に宇宙飛行士への憧れを抱かせるでしょう。

 小学生から読みたい本
 *星の使者
  地動説を唱えたガリレオ・ガリレイの生涯を描いた本です。
 美しい挿絵は、見ているだけでも飽きる事がありません。

<今月の新着図書 2010年7月> 
 幼児から読んであげたい本
 *なまえのことば えじてん
  幼児期に使われる物の名前を中心に集めています。使い方は
 自由です。絵を楽しんだり、辞書のように使ったり、ゲームを
 したりと、親子で色々楽しんでください。

 小学生から読みたい本
 *日本の妖怪大図鑑  1 家の妖怪
  日本全国に伝わる妖怪について、楽しいイラストと分かり
 易い文章で、紹介しています。また、妖怪にもし会ったら
 それを退ける方法も紹介しています。
 
 自然科学の本
 * 鍬形
  以前に紹介した「いきものアート」シリーズの一冊です。
 どうしたらこんな素晴らしい写真が撮れるのかと、いつも感心さ せられます。鍬形の魅力に気づかせてくれます。昆虫の好きな
 人には、たまらない一冊です。
posted by 院長 at 16:33| 新着図書

2010年05月01日

5月の新着図書

<今月の新着図書 2010年5月> 
幼稚園児から読んであげたい本
* くれよんのはなし
 箱に入った8本のくれよんがある日、箱から飛び出して、白い紙の上に絵を描いていきます。どんな絵を描いて行くのでしょう。

小学生から読みたい本
* 三国志絵本 十万本の矢
日本で公開された映画「レッドクリフ」で有名になった、三国志に出てくる物語です。諸葛孔明が、敵の魏軍から戦わずに、十万本の矢を取るお話です。
posted by 院長 at 17:16| 新着図書

2010年04月24日

4月の新着図書

<今月の新着図書 2010年4月>
 入園、入学のシーズンになりました。今年は、いつまでも寒さが続き、桜の花も長く楽しめそうです。
 
あかちゃんに読んであげたい本
 *わたしの
  シンプルな絵と色で物の存在感を示しています。子供が、
 初めて自分の物に出会った時の喜びが伝わってきます。
 *みてる
 動物達が、何かを見つめている時の表情を集めた写真集です。
 
幼児から読んであげたい本
 *はなをくんくん
 動物達が冬眠から目覚めて、鼻をくんくんさせながら匂いの方へ向って行きます。其処には、何があるでしょう。
      
posted by 院長 at 16:25| 新着図書

3月の新着図書

<今月の新着図書 2010年3月> 
 幼児から読んであげたい本
 *よくきたね
 優しいタッチで描かれた挿絵が親子のほのぼのとした姿に合っています。
 *くまとりすのおやつ  
 大きいくまと小さいりすが、一緒にきいちごを取りに出かけす。挿絵は、切り絵で表現されていて、素朴で温かみが感じられます。
  
 自然科学の本
 *亀
 今までの亀のイメージが一変してしまいます。写真が大変綺麗で、リアルです。                                                              
posted by 院長 at 16:22| 新着図書

2010年02月11日

2月の新着図書

<今月の新着図書 2010年2月>
 幼稚園児から読んであげたい本
* ゆきのひのおくりもの
 雪の降り積もった日に外へ食べ物を探しに出たこうさぎは、2本の人参を見つけます。1本は自分が食べもう1本は、友達のこうまの家に持って行きます。この人参はその後どうなるのでしょう。落ち着いた色彩の絵が、内容にぴったりで、心を豊かにしてくれます。
 
 小学生から読みたい本
* てぶくろがいっぱい
 ネッドとドニ―の双子の物語です。ある日ドニ―が手袋を片方無くして起こる出来事とは、どんな事でしょう。懐かしく、心温まる触れ合いがあります。「この絵本が好き」2009年版「海外翻訳絵本部門」第1位受賞作です。

 自然科学の本   
*すすめ!じょせつきかんしゃ
 この絵本で紹介された除雪機関車は、新潟県長岡車両センターに配備されている現役の機関車です。目立たない所で活躍する雪国には、なくてはならない存在です。                                                                                
posted by 院長 at 16:56| 新着図書

2010年01月03日

1月の新着図書

<今月の新着図書 2010年1月> 
 明けましておめでとうございます。当医院の絵本紹介も、早いもので5年目を迎えようとしています。これも皆様の御蔭です。本棚も大分埋まってきました。今後も子供達に是非読んで欲しい本、親子で楽しめる本を中心に、紹介していきたいと思います。また、本に関するご要望等ございましたら、どんな事でも結構ですので、お聞かせ下さい。今後の本の紹介に反映させていきたいと思います。

<幼稚園児から読んであげたい本>
* 十二支のはじまり
 十二支がどのようにして決まったのかが分かります。昔からの言い伝えの一つです。
* やこうれっしゃ
 子供から大人まで楽しめる一冊です。文章はありませんが、絵をじっくり見れば見る程引き込まれていきます。「百聞は、一見にしかず」です。まず、手に取ってご覧下さい。

<自然科学の本> 
 雪に関する基礎知識をカラー写真を多用して紹介しています。 
posted by 院長 at 17:20| 新着図書

2009年12月13日

12月の新着図書

今月の新着図書 2009年12月 
 今月は、クリスマスに因んだ絵本を紹介します。
<幼児から読んであげたい本>
* ぐりとぐらのおきゃくさま
 「ぐりとぐら」シリーズの一冊です。森の中で大きな足跡を見つけ後をつけると、自分達の家に続いていました。家には一人のおじいさんが、ケーキを作っていました。出来上がったケーキ行を置いて、すぐ出かけて行きました。さて、このおじいさんは、誰だったのでしょう。
* 天使のクリスマス
 コマ送りの絵で、物語が出来ています。文章はありませんが、内容は十二分に伝わります。日本人には、余り馴染みのない守護天使が、主役です。
<自然科学の本>
*  落ち葉
長野県北部、黒姫山近郊の森に自生する多くの種類の木の
 葉について、イラストと写真で紹介しています。

posted by 院長 at 17:09| 新着図書

11月の新着図書

今月の新着図書 2009年11月 
<あかちゃんに読んであげたい本>
* おふろでちゃぷちゃぷ
 今も多くの人々に愛されているいわさきちひろの挿絵が、美しい絵本です。
<幼児から読んであげたい本>
 * くまのビーディーくん
 くまのビーディー君は、仲良しのセイヤー君が留守の間にクマの住む所、洞穴に行きます。そこでビーディー君は、大切な事を体験しました。
<小学生から読みたい本>
*  おじいちゃんのSLアルバム  
 SLの歴史を写真と共に紹介しています。鉄道ファン特に
 SLファン必見の本です。                    
posted by 院長 at 17:08| 新着図書

10月の新着図書

今月の新着図書 2009年10月 
<幼児から読んであげたい本>
 * 14ひきのあきまつり
 子どもから大人まで幅広く人気のある「14ひき」シリーズの一冊です。秋の森でかくれんぼしているうちに一匹が見えなくなり大騒ぎになります。捜しに行くうちお祭りに遭遇します。秋の森の情景が目に浮かびます。
<小学生から大人まで楽しめる本>
 * インフルエンザ感染爆発
 1918年に世界的に大流行した「スペイン・インフルエンザ」について80年以上にわたり研究してきた科学者達の物語です。
*  落語絵本 めぐろのさんま
 落語でおなじみの話です。世情に疎い殿様が、さんまと出会い自分の知らない世界がある事を知るのですが、知ったかぶりして、トンチンカンな事を言うおちが付きます。

posted by 院長 at 17:06| 新着図書

2009年09月19日

9月の新着図書

今月の新着図書 2009年9月 
 幼稚園児から読んであげたい本
 * くまのコールテンくん
 おもちゃ売り場の棚に並んでいる古びたこぐまを一目で好きになった女の子は、翌日自分の貯金でこぐまを買いに行きます。おもちゃの」こぐまと女の子の友情を、しみじみ感じさせてくれます。 
* いたずらこねこ
 かめとかめを初めて見たこねこのやり取りが楽しい
絵本です。
小学生から読みたい絵本 
*  りゅうのめのなみだ
人々から嫌われていた竜に同情した少年が、竜に会いに行きます。竜は、少年のあわれみに心を打たれ、涙を流します。涙はやがて川となり、少年は竜の背中に乗ってその川を下り、町に戻ります。竜は、船に形を変えていました。
 
posted by 院長 at 17:46| 新着図書

8月の新着図書

今月の新着図書 2009年8月 
 夏休みに入ったのに、梅雨が長くなかなか夏らしい日が続きません。そろそろ海が恋しいですね。今月は、海にちなんだ作品を紹介したいと思います。
 あかちゃんに読んであげたい本
 * うみ
 子どもに人気のある長新太さんの挿絵です。原色で描かれているので目を惹きます。
 幼稚園児から読んであげたい本
 * ぐりとぐらのかいすいよく
 「ぐりとぐら」シリーズの一冊です。砂浜で遊んでいた、ぐりとぐらの元に手紙の入った瓶が流れ着きました。その手紙は、うみぼうずからの物でした。うみぼうずは、ぐりとぐらに何を頼みたいのでしょう。
*  うみべのハリー
「どろんこハリー」の続編です。かんかん照りの嫌いなハリーは、海辺で日陰を探し歩くうち、波に巻き込まれます。海藻がハリーにかぶさり、怪物と間違えられて大騒ぎにな
ります。
posted by 院長 at 17:45| 新着図書

6月の新着図書

<今月の新着図書 2009年6月> 
 幼児から読んであげたい本
 * しゅっぱつしんこう
 おじいさんの住む所へ汽車を乗り継いで行きます。都会からいなかへ、だんだんと乗る汽車も変わっていきます。
 * ぼく、あぶらぜみ
 「ぼく、だんごむし」と同じ作者の絵本です。切り絵であぶらぜみを描いています。あぶらぜみの生態を、分り易く説明しています。
posted by 院長 at 17:44| 新着図書

2009年05月20日

5月の新着図書

<今月の新着図書 2009年5月> 
 幼稚園児から読んであげたい本 
*  桃太郎
 お祖父さんやお祖母さん、お父さんやお母さんの中には、懐かしく思われる方がいると思います。講談社の絵本の復刻版です。
当時の有名な日本画家が挿絵を担当していて、今の絵本にはない重厚さがあり、大変精緻に描かれています。今の子供達には、新鮮に感じられる事でしょう。内容は、皆さん良くご存知の鬼退治の話です。
*  そらまめくんとながいながいまめ
 子供達に人気のそらまめくんシリーズの一冊です。
 そらまめくん達とさんじゃくまめ兄弟達とのまめ対決です。どちらの豆が、勝つのでしょうか?丁度、豆のシーズンですね。そらまめが食べたくなります。

 自然科学の本 
 * 蛙
 カエルを色々な角度から近距離で撮っています。オールカラーで、大変綺麗です。カエル好きには、たまらないでしょう。

posted by 院長 at 18:49| 新着図書

2009年04月18日

4月の新着図書

<今月の新着図書 2009年4月> 
 入園、入学のシーズンになりました。年年、桜の開花時期が早くなっているようです。皆さんが、幼稚園、学校に行く頃も咲いていると良いですね。

子供から大人まで楽しめる本
* 文明の迷路 古代都市をめぐってアトランティスへ 
 大変人気のある迷路シリーズの一冊です。今回は、エジプト、
メソポタミア、マヤ、インカなどの文明が出てきます。

 自然科学の本 
* 蝶の道 Butterflies
 世界の蝶を撮った写真集です。大変、映像が綺麗です。蝶の好きな人には、堪えられない本です。
*  なのはなみつけた
小さい子供にも分かるように書かれています。イラストが、優しいタッチで描かれています。川原や庭でなのはなを見つけたらこの本を思い出して下さい。 
 

posted by 院長 at 16:26| 新着図書