2009年04月18日

4月の新着図書

<今月の新着図書 2009年4月> 
 入園、入学のシーズンになりました。年年、桜の開花時期が早くなっているようです。皆さんが、幼稚園、学校に行く頃も咲いていると良いですね。

子供から大人まで楽しめる本
* 文明の迷路 古代都市をめぐってアトランティスへ 
 大変人気のある迷路シリーズの一冊です。今回は、エジプト、
メソポタミア、マヤ、インカなどの文明が出てきます。

 自然科学の本 
* 蝶の道 Butterflies
 世界の蝶を撮った写真集です。大変、映像が綺麗です。蝶の好きな人には、堪えられない本です。
*  なのはなみつけた
小さい子供にも分かるように書かれています。イラストが、優しいタッチで描かれています。川原や庭でなのはなを見つけたらこの本を思い出して下さい。 
 

posted by 院長 at 16:26| 新着図書

2009年03月07日

3月の新着図書

 今月の新着図書 3月 
<幼稚園児から読んであげたい絵本>
今月は、おひな様にちなんだ絵本を一冊紹介します。
* もりのひなまつり
 森に住むのねずみ達は、ねずみばあさんが住んでいる家にあるおひな様を連れてきてひな祭りをしたいと頼みます。おひな様は、快く引き受け森へ行きますが・・・。大変挿絵が美しいです。
*  こすずめのぼうけん
お母さんと巣立ちの練習をしていたこすずめは、そのまま遠くへ飛んで行きました。母すずめの強い愛情を感じる絵本です。
小学生から楽しめる本 
*  モチモチの木 
大変臆病な豆太少年が、おじいさんのために勇気を出して行った行動とは。滝平二郎の切り絵が、大変印象深い作品です。
posted by 院長 at 17:00| 新着図書

2009年02月07日

2月の新着図書

<今月の新着図書 2009年2月>
皆さんが、当医院に置いている童話館の「ぶっくくらぶ」に入会されると本が送られてきます。そのシステムにより送られてきた本を2冊紹介します。 
*あすはきっと 
 子供達の未来は、明るいものになって欲しいというメッセ
ージが込められています。
*こぶたくん
 こぶたのオリバーくんが、主人公の短編集です。日常の出来事が、5編に描かれています。ほのぼのとしています。
<幼稚園から楽しめる本>
*くんちゃんとふゆのパーティー
 「くんちゃん」シリーズの1冊です。こぐまのくんちゃんが自然の中でやさしいお母さんと頼もしいお父さんに見守られながら、個性豊かに成長していく姿を描いています。
<あかちゃんから楽しめる本> 
*もこもこもこ
 谷川俊太郎と元永定正の絵の合作を、お楽しみください。

posted by 院長 at 18:33| 新着図書

2009年01月15日

1月の新着図書

<今月の新着図書 2009年1月> 
 明けましておめでとうございます。当医院の絵本の紹介も、皆様に支えられて4年目を迎えようとしています。今後も子供達に是非読んで欲しい本、親子で楽しめる本を中心に紹介していきたいと思います。また、本に関するご要望等ございましたら、どんな事でも結構ですのでお聞かせ下さい。
<幼稚園児から読んであげたい本> 
 * いっすんぼうし 
  日本の有名な昔話です。親指ほどの男の子が活躍するお話
しです。
<小学生から楽しめる本> 
 * セーターになりたかった毛糸玉 
セーターになりたいと願ってお店に並んでいた毛糸が、買われた先で次々に起こるハプニング。毛糸はセーターになれたのでしょうか? 院長がお気に入りの1冊です。
<自然科学の本>
*  ダンゴムシみつけたよ
子供に人気のダンゴムシの生態が綺麗な写真で紹介され
 ています。 
posted by 院長 at 17:32| 新着図書

2008年12月13日

12月の新着図書

<今月の新着図書 12月> 
** 赤ちゃんに読んであげたい絵本
 * くっついた 
 大変シンプルな絵と鮮やかな色彩が、赤ちゃんにピッタリです。「くっついた」には、親子に対する作者の思いが詰まっています。

** 今月は、クリスマスにちなんだ物語を選んでみました。
小学生から楽しめる本
 * 賢者のおくりもの 
 オー・ヘンリーの大変有名な物語です。貧しい夫婦が、お互いのクリスマスプレゼントを買う為にそれぞれの一番大切な物を売りました。お互いを思いやって買ったプレゼントとは、何だったのでしょうか。
*  聖夜のおくりもの
 挿絵が大変綺麗です。静かな時の流れの中で、クリスマスを迎える様子は、読者の心にも伝わります。親子でゆっくり味わって欲しい一冊です。
posted by 院長 at 17:30| 新着図書

2008年11月07日

11月の新着図書

 <今月の新着図書 11月> 
** 幼稚園児から読んであげたい絵本
 * もりのかくれんぼう
 帰り道で、お兄さんとはぐれたけいこは、森の中に迷い込みます。そこで出会った森の精や動物達とかくれんぼを楽しみます。かくれんぼ遊びを、隠し絵で描いていて大変素敵です。 
 * バムとケロのにちようび
バムとケロ(犬とカエル)のコンビが主人公の物語です。雨の日曜日、バムは本を読むために先ず掃除をし、おやつを作ろうと思いますが、そこへケロが汚れた体で帰ってきて、また掃除です。いつになったら本が読めるのでしょうか?この本で作るドーナツは、「しあわせの絵本レシピ」近藤幸子著(白泉社)に紹介されています。(当院にあります。)

** 小学生から大人まで楽しめる本 
 *  ミクロの世界の仲間たち 微生物のふしぎなおはなし
著者のアーサー・コーンバーグ博士は、1959年度のノーベル医学 生理学賞を受賞しています。本書は、8人の孫に向けて書かれた物語です。博士の最後の著作です。 
posted by 院長 at 18:17| 新着図書

2008年10月03日

10月の新着図書

<今月の新着図書 10月> 
** 幼児から読んであげたい絵本
 * おほしさまかいて
 エリック・カールの作品です。あざやかな色彩、大胆な構図で、読者を魅了します。絵描きが、一つの星を描きます。そこから広がる世界をお楽しみください。 
 
** 小学生から大人まで楽しめる本
*  せかいのひとびと 
世界に住んでいる人々の生活、文化、習慣等いろいろな特徴を緻密なイラストで紹介しています。
*  オークとなかまたち
300年近くに及ぶ森のオークの一生とその仲間達(生き物)の物語です。活字が小さく読みづらいかもしれません。小学校高学年からが良いでしょう。
posted by 院長 at 14:42| 新着図書

2008年09月06日

9月の新着図書

<今月の新着図書 9月> 
幼稚園児から読んであげたい絵本
 * おおきくなれ いぬ
 ラブラドル レトリーバーの成長を写真で紹介しています。 
子犬のかわいいしぐさに癒されます。是非、親子でご覧ください。
 * ぞうのホートンひとだすけ
 今年の夏休みに上映された「ホートン」の原作です。水あびしていたホートンのもとに声が聞こえるほこりが落ちてきました。さて、このほこりは何でしょう。このほこりを巡って森の動物達とホートンは対立します。ホートンやほこりはどうなるのでしょうか。

子供から大人まで楽しめる本 進化の迷路
 人気がある「迷路シリーズ」の第4弾です。今回は、原始の海から人類誕生までを追う進化の旅です。
posted by 院長 at 14:39| 新着図書

2008年08月09日

8月の新着図書

<今月の新着図書 8月>
幼稚園児から読んであげたい絵本
* こうさぎ けんたのへんそう 
 幼稚園をずる休みした子うさぎのけんたは、おうちでお留守番するはめになり、幼稚園にもおばあちゃんの家にも行けなくなりました。そこでけんたは、変装しておばあちゃんの家に行くことを思いつきました。ピーターラビットを思わせる大変心温まる挿絵です。
* ごきげんな らいおん 
 町の人達から「ごきげんな らいおん」と親しみを込めて呼ばれていた動物園に住むらいおんが、ある日鍵のかかっていない家から抜け出して町に出ていった事から起こる大騒動を描いています。
*機関車シュッポと青いしんがり貨車
 「くまのコールテンくん」でおなじみのドン・フリーマンが妻と初めて共同制作した絵本です。その後、絵本作家として活躍するきっかけとなりました。機関車シュッポの活躍と青いしんがり貨車ルーシーとの友情が描かれています。シュッポは、機関車トーマスを思い起こさせます。
 
posted by 院長 at 12:48| 新着図書

2008年07月04日

7月の新着図書

 <今月の新着図書 7月> 
今月は、子供から大人まで楽しめる本を紹介します。
* 和菓子のほん
 日頃、何気なく食べている和菓子の奥深さを教えてくれる本です。
* しばわんこの和のこころ 3 日々の愉しみ  
 NHKでおなじみのしばわんこのシリーズです。日本の昔から行われてきた年中行事を紹介しています。また、十二支や古来の文様についても紹介しています。
*  ケーキをさがせ
絵をみているだけで色々な遊び方ができます。本を見てのお楽しみです。

posted by 院長 at 12:09| 新着図書

2008年06月05日

6月の新着図書

今月の新着図書 6月 
今月は、自然科学の本を紹介します。
 * だいすきしぜん むし 5 とんぼ
 * だいすきしぜん むし 6 ばった
昆虫のイラストが、大変精妙に描かれています。どちらも身近にいる昆虫ですが、とんぼは以前に比べて見られなくなってきています。これからの季節、昆虫の活動も活発になってきます。昆虫好きには、たまりませんね。自宅や公園で是非、探してみてください。
ちなみに、院長は昆虫が苦手です。
<あかちゃんに読んであげたい絵本>
*  かにこちゃん
しおまねきがモデルになっています。砂浜にいる「かに」を思い出しますね。
   
posted by 院長 at 16:03| 新着図書

2008年05月05日

5月の新着図書

<今月の新着図書 5月>
 今月は、「この絵本が好き」の賞に選ばれた2作品を
紹介します。
* としょかんライオン  2007年刊絵本ベスト23、
海外翻訳絵本部門第1位
 幼稚園から大人まで楽しめます。ある日突然、図書館にやってきたライオンと図書館長、館員、子供たちとの心の交流を描いています。挿絵がほのぼのとしてとても美しいです。
 
* ルリュールおじさん  2007年版国内絵本第1位 
 小学校低学年から大人まで楽しめます。「ルリュール」とは、
製本業の事です。ヨーロッパで印刷技術が発明され本の出版が
容易になって発展した職業です。 日本には、この文化は
ありません。しかし、ヨーロッパでも最近では、IT化、
機械化で製本の60工程全てを手仕事できる職人は、
一桁になったそうです。そんなルリュールと一人の少女の
交流を描いています。                                                         
posted by 院長 at 16:59| 新着図書

2008年04月03日

4月の新着図書

<今月の新着図書 4月>
新入学、入園の季節となりました。新しい環境での生活が始まりますね。期待と不安で胸膨らませている事と思います。 
 当院へ来られる皆さんは、もうお気づきかも知れませんが、院長は、林明子氏の大ファンです。絵本はもちろん、待合室には、絵画も飾っています。今回も彼女の挿絵の作品を紹介します。
<幼稚園児から読んであげたい本> 
* ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ
 おばあさんから電話がかかって初めて一人でおばあさんの家まで行くことになった少年のお話です。
 * 10までかぞえられるこやぎ        
 10までかぞえられる子ヤギが引き起こす騒動です。
<子供から大人まで楽しめる本>            
* みんなのかお
 全国の動物園を回って撮った動物の顔、顔、顔。同じ種類でも人間と同じように、それぞれの個性が顔に表れています。
posted by 院長 at 15:04| 新着図書

2008年03月01日

3月の新着図書

 今月の新着図書 3月 
<小学生から大人まで楽しめる本>   
* 時の迷路
恐竜時代から江戸時代までの各絵の中で迷路やクイズに答える絵本です。楽しいイラストとクイズで思わず大人も熱中してしまいます。 
* こんなふうに作られる
身の回りにある69点について、その出来るまでを楽しいイラストで紹介しています。野球ボールの中がこんな風になっていたのかとちょっと驚きです。 
     
<英語版の絵本>
* Finding Little Sister(あさえとちいさいいもうと)
お留守番を頼まれて妹の面倒を見ることになった姉は、ちょっと目を
離したすきに妹がいなくなり必死で捜します。妹は、どこへ行ったのでしょうか?
日本語版も置いていますので、比べて読む事が出来ます。
   
posted by 院長 at 18:25| 新着図書

2008年02月03日

2月の新着図書

今月の新着図書  2月
<幼稚園児から読んであげたい本> 
* リサ かぜをひく
 日本でもお馴染みになった「リサとガスパール」のシリーズの一冊です。リサが水遊びをして風邪をひきますが、風邪をひくのも悪くないと思っています。どんな楽しい事があったのでしょうか?
* ゆきがやんだら        
 雪が降り積もる日のお母さんと息子の一日を描いた心温まるお話です。
今回は2作共、ウサギが主人公のお話です。    
posted by 院長 at 17:33| 新着図書

2008年01月19日

1月の新着図書

今月の新着図書 2008年1月 
 明けましておめでとうございます。当医院の絵本の紹介も、皆様に支えられて3年目を迎えようとしています。今後も子供達にとって良い本を順次紹介したいと思います。また、本に関するご要望等ございましたら、どんな事でも結構ですのでお聞かせ下さい。
<あかちゃんに読んであげたい本>
  * まかせとけ
  * よいしょ
  * とどくかな 
 どれも働く車を扱った絵本です。三浦太郎のシンプルな絵が、それぞれの車の特徴をうまく捉えています。車の好きなお子さんには良いと思います。
<子供から大人まで楽しめる本> 
* あかちゃんてね
  赤ちゃんの出産から1年目までを愛情豊かな写真で綴っています。この1年間の変化がどれだけ大きいかが良くわかります。 
                      
posted by 院長 at 17:58| 新着図書

2007年12月20日

12月の新着図書

今月は、冬にちなんだ物語を集めてみました。
<幼稚園児から読んであげたい本>
* だるまちゃんとうさぎちゃん
 「だるまちゃん」シリーズの一冊です。今の人には、馴染みの薄い昔の時代劇のヒーローの名前や、懐かしい遊びが紹介されています。
* ゆき        
 雪が積もっていく街の風景と男の子を描いた心温まる絵本です。         
* クリスマスってなあに
 クリスマスの物語をおなじみのブルーナーで紹介しています。
<小学生から楽しんで欲しい本>
* ゆきとトナカイのうた 
 ラップランドの厳しい自然の中、トナカイと共に暮らすサーメの人々の生活を紹介しています。作者は、7ヶ月間共に暮らした経験を元に描いています。                              
posted by 院長 at 19:54| 新着図書

2007年11月13日

10月、11月の新着図書

** 10月の新着図書  ** 
<幼稚園児から読んであげたい絵本>
* あいうえお えほん
 ブルーナーを思わせるシンプルな絵は、こどもだけでなく大人の目も楽しませてくれます。
 * こぐまのくまくん           
 こぐまとお母さんの心温まる日常を描いています。とても素敵なお母さんぐまです。   
<こどもから大人まで楽しめる本>            
* 睫毛の虹
 金子みすずの詩集です。彼女の詩は、全篇優しさに貫かれ、読む者の心に染み渡ります。26歳という若さで世を去ったのが惜しまれます。英訳も載っています。       

** 11月の新着図書  **
<あかちゃんに読んであげたい本>
* ぱん だいすき
 色々なパンが描かれていて思わず食べたくなります。お腹が鳴りそうです。
<親子で楽しめる本>  
 * 子どもがつくるほんものごはん          
 子供が料理する時の親の心構えが書かれています。子供が、ひとりで作る料理を主食、おかず、おやつと分けて紹介しています。
<自然科学の本>           
* だんごむし 
 身近で見かける虫の代表です。好きな子供も多いと思います。その生態を分かり易く紹介しています。
* しぜんにタッチ どんぐり ころころ
 色々などんぐりを素敵な写真で紹介しています。    
posted by 院長 at 21:54| 新着図書

2007年09月25日

8月・9月の新着図書

** 8月の新着図書 ** 
<小学生低学年向き>    
 * ぞうのババール
 * ババールのしんこんりょこう 
フランスで書かれた、今も根強い人気がある絵本です。
ぞうの王様ババールが、次々出会う愉快な冒険シリーズです。
<子供から大人まで楽しめる本>
* みんなあかちゃんだった
誕生から3歳位までの様子をかわいいイラストと文章で表しています。自分の赤ちゃんに当てはまるしぐさを探して見るのも面白いでしょう。
<自然科学の本>
* てんとうむし
てんとうむしの生態について細密なイラストと写真で解説しています。                

** 9月の新着図書 ** 
 9月は、動物や昆虫を題材にした本を集めました。     
<新版ファーブルこんちゅう記 1>  
 タマコロガシものがたり
 ウマのふんをまるめて、タマにして、ころがしていく虫のお話です。
<新版ファーブルこんちゅう記 6>
  アリのくに,バッタのくに
 他のアリの巣を襲う、サムライアリと、人間や動物の役に立つバッタのお話です。
<写真家 岩合光昭さんが撮ったパンダの写真集>
* 10ぱんだ
  幼児向きの本です。
* パンダ 
 パンダの表情がとても愛らしく引き込まれてしまいます。
パンダ好きにはたまりません。                    

           
posted by 院長 at 08:44| 新着図書

2007年07月07日

7月の新着図書

 今月の新着図書 7月 
幼児に読んであげたい絵本
* たなばた     
 7月7日は、たなばたです。これは、中国で言い伝えられているたなばたのお話です。日本で語り継がれているお話とは、少し違います。
  
子供から大人まで楽しめる本
* のりもの絵本 木村定男の世界 T U
乗物絵本界の中で、50年以上にわたって活躍した木村定男の作品集です。当院長と同様、鉄道ファン必見の本です。                     
posted by 院長 at 17:20| 新着図書